Trivia

黒板は深い緑色なのにどうして黒板っていうの?

学校の黒板は、深い緑色をしています。

それなのに、どうして「黒板」という名前なのでしょうか?

 

黒板の名前の由来

 

明治時代に学校制度が定められてから、アメリカから日本に「黒板」が入ってきました。

もともと黒板は名前の通りに黒色の板でした。

当時から英語で「Black Board=ブラックボード」と呼ばれていたので、直訳して「黒板」になりました。

木の板に墨汁を塗り、その上から柿渋を塗ったものでした。

黒板が黒色から深い緑色になったのは、

・黒の染料が入手しづらくなったこと

・緑の方が目が疲れにくいこと

・心を落ち着かせる心理的効果が働くこと

・緑の方が光の反射を抑え、白いチョークの文字が見えやすいこと

などの理由から、昭和初期ごろに変更されたと言われています。

1954年にJIS規格によって、黒板が緑色に規定されました。

ABOUT ME
Amatsu Yumeto
悩みを抱えているあなたへ。記事を読めばスカッと問題解決!教師経験・心理学・脳科学・ビジネス・ガジェットなどをミックスさせた独特の情報を発信するセルフメディアが「YUMETO Me(ユメトミー)」です。