Trivia

朝の挨拶をする時にお辞儀をするタイミングはいつなの!?

学校に限らず、会社でもお店でも「自ら進んで挨拶をしましょう。」「笑顔で挨拶をしましょう。」と、挨拶を推奨していると思います。

ところで、挨拶の際にお辞儀(礼)をするタイミングはいつでしょうか?

①お辞儀をしてから「おはようございます」と言う

②「おはようございます」と言いながらお辞儀をする

③「おはようございます」と言った後にお辞儀をする

のどれが正解なのか、説明していきます。

 

挨拶は先言後礼

 

「挨拶」は相手との関係を結ぶ簡便で有効な手段であるとともに、相手を一瞬にして嬉しい気持ちにさせる魔法の言葉です。

その挨拶は「先言後礼(せんげんごれい)」が基本とされています。

意味は文字の通り、言葉が先で後からお辞儀をするということです。

朝の挨拶の場合、まず相手の目を見て「おはようございます」と言葉に出します。

そして、頭を下げてお辞儀をします。

正解は、

③「おはようございます」と言った後にお辞儀をする

ということになります。

 

言葉と動作は別々にするというのがポイントです。

もし、挨拶の言葉とお辞儀の動作を同時にするとどうなるでしょうか?

言葉は相手ではなく地面に向かって言ってしまうことになるので、自分の気持が相手へ充分に届かなくなってしまいます。

これを「同時礼(どうじれい)」と言います。

また、先言後礼は挨拶の言葉を発した後にお辞儀をするので、「分離礼(ぶんりれい)」とも呼ばれています。

先言後礼を行えば、しっかりと相手の目を見て、美しい姿勢でお辞儀をすることができ、心のこもった挨拶になります。

今後も「先言後礼」の挨拶をしていきましょう。

ABOUT ME
Amatsu Yumeto
悩みを抱えているあなたへ。記事を読めばスカッと問題解決!教師経験・心理学・脳科学・ビジネス・ガジェットなどをミックスさせた独特の情報を発信するセルフメディアが「YUMETO Me(ユメトミー)」です。