Work

「整理」と「整頓」の違いを説明できますか?

部屋やデスク周りをキレイにする際に、「整理整頓」という言葉を思い浮かべることがあると思います。

しかし、「整理と整頓の違いは何か?」と問われれば、意外にも答えられないもの…。

両方とも「整」の「整える」という漢字が使われていますが、“どのように”整えるのか?

ここに明確な違いがあるのです。

 

整理とは?

 

整理」とは「必要なものと不要なものを分けて、不要なものを捨てる」という意味です。

要するに「ものを減らす」ということです。

ものが溢れるほど多すぎて乱れた状態では、片付けることは非常に難しいでしょう。

自分にとって本当に必要なものなのか、不要なものなのか判断し、管理・把握できる分量になるまでものを減らして整えることなのです。

 

整頓とは?

 

整頓」とは「必要なものを使いやすい場所に置く」という意味です。

要するに「ものを配置する」ということです。

必要なものが、どこに置いてあるのか位置が分からないと困ってしまいます。

また、すぐに使いたいのに、取り出しにくい場所にあったり、毎回違う場所に置いてあったりしたら、探すことに時間がかかってしまいます。

使いやすさ・取り出しやすさ・見た目などを考えて、ものの所定の位置を決めて整えることなのです。

 

整理整頓は整理→整頓の順で

 

「整理整頓」と言いますが、「整頓整理」とは言いません。

なぜなら、整理整頓は、整理→整頓という順で行うことが大切だからです。

ものが多い状態で、いきなり整頓から始めてしまうと、どこに何を置いていいのか分からず、なかなかキレイにすることができません。

まずは、必要なものと不要なものに分別し、不要なものを減らして整理をする。

本当に必要なものだけの配置を決めて、使いやすいように整頓していけば、合理的・効率的かつ衛生的な部屋やデスク周りに生まれ変わるでしょう。

 

まとめ

 

整理・・・必要なものと不要なものを分けて、不要なものを捨てて整える

整頓・・・必要なものを使いやすい場所に置いて整える

整理整頓の順番としては、

①必要なものと不要なものに分ける→②不要なものを捨てる→③必要なものを使いやすい所に置く・入れる→④使ったら元の位置に戻す

そして、時間が経ってものが増えてきたら、①必要なものと不要なものに分ける

というように、①〜④のサイクルを繰り返します。

整理整頓をすることによって、時間の短縮、掃除の手間が減る、ものの管理ができて無駄遣いをしなくなるなど、メリットがたくさんあります。

「整理」と「整頓」の意味を意識することで、部屋やデスク周りをさらにキレイな状態に保つことができるでしょう。

ABOUT ME
Amatsu Yumeto
悩みを抱えているあなたへ。記事を読めばスカッと問題解決!教師経験・心理学・脳科学・ビジネス・ガジェットなどをミックスさせた独特の情報を発信するセルフメディアが「YUMETO Me(ユメトミー)」です。