仕事術

優先順位をあえてつけない仕事術とは!?

天津シンギ / Shingi Amatsu

仕事に優先順位をつけるのが苦手なんだよね。

優先順位をつけて仕事をしているのに、全然スピードが変わらないわ。

働き方改革の流れを受けて、残業をしない働き方や時短テクニックなどの仕事術に注目が集まっています。

その中で、「仕事の優先順位の付け方」に関連する情報をよく見かけることがあるでしょう。

一般的には、「①重要度が高く、緊急性の高い仕事」、「②重要度が高く、緊急性の低い仕事」、「③重要度が低く、緊急性の高い仕事」、「④重要度が低く、緊急性の低い仕事」に振り分ける方法が推奨されています。

しかし、よく考えてみると、この4つの振り分けを考えるのが苦手だったり、時間が無駄だと感じたりしているなら、無理にやる必要がないかもしれません。

この記事では、「優先順位をあえてつけない仕事術」について載せています。

結 論

自分がやりたいと思うタスクから処理したり、すぐに行動したりすることで、生産性が高く合理的・効率的に仕事に取り組むことができる。

それでは、解説していきましょう。

自分がやりたいと思うタスクから処理する

「タスク」とは、「一定の期間内で自分が果たすべき仕事や課題、作業」のことです。

仕事を始める前にタスクをリスト化して、1日で何をするかを明確にします。

何をすべきか決まったら「重要度や緊急度の枠」で考えるのではなく、「自分がやりたいことの軸」でタスクから進めていきます。

例えば、プロジェクトの資料の作成についてのタスクを設定すると仮定しましょう。

・同じようなプロジェクトを考えたことがある先輩に助言をもらう

・以前に作成したプロジェクトの資料が利用できないか調べる

・どんな資料にするかイメージを膨らませる

これらを優先順位をつけて取り組むべきことを、自分の都合や意欲を優先して取り組んでいくのです。

相手の都合がある場合は順位が変わることがありますが、基本的に自分のやりたい順番で進めていきます。

意欲が高まっている状態でタスクを片付けることで主体的に取り組むことができますし、自分の思いを実現できた時には達成感や充実感を味わうことができます。

そして、最後に「あまり気が乗らないタスク」や「やる気にならないタスク」に取り組みます。

多少は時間がかかってしまいますが、他のタスクは終わらせているので、じっくりとタスクに向かうことができるでしょう。

すぐに行動する

仕事の依頼が来たその場で、すぐに行動して終わらせましょう。

すぐに行動して仕事を終わらせるので、

・「期限」を気にする必要がありません

・「後でやらなきゃいけない」と頭の片隅に記憶をする必要がありません

・メモをとる必要がありません

・うっかり忘れることがありません

つまり、余計な神経を使うことなく、エネルギーの消費を抑えることができるのです。

「もっとじっくり考えて仕事をした方が良いのではないか?」というご意見があるかと思います。

「巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)」または「拙速は巧遅に勝る(せっそくはこうちにまさる)」という言葉があるように、

「仕事の出来が良くて遅いよりは、出来は悪くとも速いほうがよい」ということです。

「すぐに行動する」というアプローチには、他にもいくつかの明確なメリットがあります。

まず、迅速な行動は、プロジェクトやタスクの遅延を防ぐのに役立ちます。

プロジェクトやタスクが遅延してしまうことによって、しばしば連鎖反応を引き起こし、計画されたスケジュール全体を狂わせる可能性があります。

しかし、即時に行動することでこれを避けることができます。

また、すぐに行動を起こすことは、決断力と自信を育むことにも繋がります。

決断を迅速に下すことが習慣になると、難しい状況やプレッシャーがかかる場面でも冷静に対処する能力が高まります。

さらに、直感に従って行動することで、創造性や革新的な解決策が生まれることもあります。

計画を練る時間が限られているときには、通常とは異なるアプローチを試すことが必要になることがあり、これが新しいアイデアや方法へとつながることがあります。

このように、「すぐに行動する」スタイルは、柔軟性と適応性を促進し、変化への対応能力を高めることができます。

ただし、すぐ行動することには、優先順位が不明確になるリスクも伴います。

そのため、どのタスクが最も重要かつ緊急であるかを瞬時に理解し、適切なバランスを取りながら即座に行動を起こすことが重要です。

それにより、効率的かつ効果的な業務遂行が可能となるでしょう。

まとめ

今回は、「優先順位をあえてつけない仕事術」を解説してきました。

私は「優先順位を付ける」ことも大事ですが、今回紹介した方法で対応することも可能です。

優先順位を考えることが苦手だったり、無駄だと考えたりしている場合は、自分のやりたいタスクに取り組んだり、依頼された仕事からどんどん処理したりしていきましょう。

仕事の仕方には絶対的な正解はありませんし、自分に合う・合わないがあります。

様々なアプローチを知っておくことで、より生産性が高く合理的・効率的に仕事を進めることができます。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

YouTube

▽動画でもご視聴したい方は、YouTube版がおすすめです!!

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました