仕事術

労働時間はどのように把握・記録されることが正しいの?身を守るために覚えておこう!

天津シンギ / Shingi Amatsu

うちの職場ではきちんと労働時間を把握しているのだろうか?

昔から出退勤は押印のみだわ。やっぱりおかしい!!

労働時間の適正な把握は、現代の労働環境において非常に重要です。

特に2019年4月から労働安全衛生法にで、労働時間の正確な記録が義務化されました。

この変更は労働者の健康を保護し、過重労働を防ぐためのものです。

この記事では、「労働時間をどのように正しく把握・記録するか」について載せています。

それでは、「労働動時間の適正な把握のために使用者が講ずるべき措置に関するガイドライン(厚生労働省)」に沿って、主なポイントを解説していきましょう。

タイムカード等による労働時間の把握・記録

労働時間とは何かを理解することが重要です。

これには、使用者の指揮命令の下で行われるすべての活動が含まれます。

例えば、会社が義務付ける研修や教育訓練の受講、必要な学習時間も労働時間に該当します。

このため、労働者が業務に従事している時間全てが正確に把握されるべきです。

労働時間を把握するための主な方法は2つあります。

1つ目は、使用者が直接確認する方法です。

これには、タイムカードやICカード、パソコンの使用時間を記録するシステムなどが用いられます。

2つ目の方法は、自己申告制です。

これは、労働者が自らの労働時間を申告し、それを記録するシステムです。

どちらの方法も、適切な把握と記録を保証するために重要な役割を果たします。

自己申告制による労働時間の把握・記録

自己申告制の場合、使用者は申告された時間と他の客観的な記録との間に大きな違いがないかを確認し、必要に応じて調整を行う必要があります。

例えば、入退場記録やパソコンの使用時間から得られるデータと自己申告のデータに乖離がある場合、実態調査を実施して労働時間の補正を行います。

さらに、労働時間には意外なものも含まれることがあります。

例えば、制服に着替える時間や勤務前後の職場の清掃時間も労働時間に含まれる場合があります。

このため、始業・終業の打刻も、実際に仕事を開始または終了した時刻に行う必要があります。

時間外労働による労働時間の把握・記録

時間外労働についても正確な記録が求められます。

時間外労働は、1ヶ月の合計時間に基づいて計算され、30分未満の端数は切り捨て、それ以上は1時間に切り上げることが認められています。

これにより、記録の正確性とともに、手続きの簡素化が図られています。

労働時間の適正な把握は、労働者の健康を守るだけでなく、公正な労働環境の保持にも寄与します。

適切な労働時間の管理は、労働者が適切な休息を取り、生産性を維持するためにも不可欠です。

そのためには、使用者と労働者の双方が責任を持って取り組む必要があります。

まとめ

今回は、「労働時間をどのように正しく把握・記録するか」について解説してきました。

労働時間の適正な把握と記録の重要性を理解し、これを実践することで、より健康で生産的な職場環境を築くことが可能になります。

最終的には、これが労働者一人ひとりの満足度と職場全体の効率向上につながるでしょう。

労働基準を守り、労働者の権利を保護することは、すべての職場にとっての最優先事項であるべきです。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

YouTube

▽動画でもご視聴したい方は、YouTube版がおすすめです!!

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました