雑記

スタバのアンケートレシートに当選!無料でトールサイズが飲めるお得クーポン

天津シンギ / Shingi Amatsu

スタバでグランデサイズのドリップコーヒーを購入すると、店員さんが「おめでとうございます。」の一言。

何かと覚えば、レシートを差し出してきました。

1つしか注文していないのに、いつもより倍の長さのレシートがそこにありました。

幸運のアンケート付きレシート

よく見ると「アンケートに答えて トールサイズのドリンクを楽しみませんか?」と見慣れない文字が書いてありました。

そうです。

これが噂になっている幸運のスターバックスのアンケート付きレシート(当たりレシート、無料レシートとも呼ばれることもあります)です。

※正式名称、カスタマーヴォイス(CV)クーポン

これが出て、わずか2分程度のアンケートに答えるだけでトールサイズのドリンクが無料でもらえるのです。

ちなみに、有効期限はレシートを受け取ってから10日間となりますので、ご注意ください。

トールサイズが無料でもらえる!確率は!?

アンケート付きレシートに当たると好きなドリンクがもらえるのですが、サイズはトールサイズ限定となっています。

ドリンクはトールサイズならカフェラテでもフラペチーノでも何でもOKです。

店員さんに当たる確率を聞いたところ「1000枚に1枚」あるいは「500枚に1枚」とか色々と噂があるようで、はっきりした確率は分からないとのことです。

「本当に久しぶりに見ました」と店員さんが興奮しながら言っていたので、かなり低い確率であることは事実のようです。

嫌なことを忘れるくらいハッピーな気持ちになりました。

初めて使うので少しドキドキ…。

アンケート付きレシートの使い方

スタバのアンケート付きレシートの使い方を説明します。

①QRコードを読み込む

レシートに「QRコード」が付いているので、スマホのカメラでそれを読み取ってください。

もしくは URL: www.mystarbucksvisit-jp.com をブラウザで入力しても構いません。

②カスタマー番号を入力し、アンケートに答える

上記の画面が表示されたら、アンケート付きレシートを見てカスタマー番号を半角で入力してください。

スペースは不要です。

2分未満で終了する簡単なアンケートが出てきますので、指示にしたがって入力をしていきます。

▼再ログインができず、前画面に戻る動作をしてしまうとフリーズしてしまうなどが起きてしまうので、慎重に進めていきます。

その他、確認事項が記載されているのでお読みください。

▼調査対象者は18歳以上がどうか求めるアンケートです。

▼持ち帰りか店内での飲食か選択するアンケートと、フード(ケーキやドーナツなど)を注文したかどうか答えるアンケートです。

▼次回、スタバに利用されるのがいつになるのか答えるアンケートです。

▼スタバの店舗での体験について答えるアンケートです。

質問は全部で7項目あり、1〜7の7段階評価になっています。

▼最後に、記述式の感想や評価を書いて終了です。

▼この画面が一番大事です。

ドリンク引き換えIDが画面に表示されたら、すぐにアンケート付きレシートに記入します。

③引換番号をレシートに記入する

アンケートが終わったから安心して、うっかりブラウザを切らないようにご注意ください。

ボールペン等で引換番号ご記入欄に、ドリンク引換IDを見ながら「22839」と5桁の数字を記入します。

④レシートから切り離して、商品と交換する

▼あとは、アンケート付きレシートからアンケートの部分だけを切り取り線から切り離して、店員さんに渡せば完了になります。

短時間のアンケートで、好きなトールサイズのドリンクがもらえるのは嬉しいですね。

まとめ

今回は、スタバで運良く当たったレシート付きアンケートのご報告と使い方を解説してきました。

スタバでレシートをもらっても、すぐにクシャクシャに丸めて捨てるのではなく、アンケートが付いているかどうか確認してみてください。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました