Education

小数点は「,(カンマ)」「.(ピリオド)」「、(読点)」のどれでしょうか!?

小学3年生になると、算数の授業で「小数」の学習が始まります。

小数とは、「数や量で単位1に満たないはしたの部分を、位取り記数法に従って表すようにしたもの」です。

多くの教科書では、水のかさのはしたの量の表し方を考えさせ、以下のような学習のまとめが示されています。

1Lを10等分した1こ分のかさを「0.1L」と書き、「れい点一リットル」と読みます。

学年が上がるにつれて、小数の四則計算を学習していくわけですが、子供たちの小数の書き方に注目すると「小数点」に違和感を覚えることがあります。

それは、

,(カンマ)

.(ピリオド)

、(読点)

のように、小数点の書き方が子供によってバラバラになっていることです。

この3つの中で、どれが正解なのでしょうか?

 

正しい小数点とは?

 

結論から言うと、日本の場合は

.(ピリオド)

が正解になります。

日本では、「.(点=ピリオド)」を使用するイギリス式を採用しています。

イギリス式の小数点を使用する国は、アメリカ、日本、中国、インドなどです。

一方「,(コンマ)」はフランス式と呼び、ドイツ、イタリア、スペイン、ロシアなどの国で使用されています。

国際的には小数点を「.(点=ピリオド)」と「,(コンマ)」のどちらを使っても正解になります。

日本では、タイムを計測する際に小数点を「コンマ」と言い表すことがしばしば見られます。

例えば、0.5秒を「コンマ5秒」と言うようにです。

これは、明治時代にフランス式の「,(コンマ)」が入ってきた名残だと言われています。

また、日本で小数を縦書きの漢数字で表す場合は、3.14=三・一四のように、

「・(中黒=なかぐろ)」を用いています。

ちなみに、小数点を書き間違える例として「、(読点)」が多い傾向があるように感じています。

私が調べた限りでは、小数点を「、(読点)」を用いる国は見つかりませんでした。

小数点の書き方について、細かいところと見るか、大事なところと見るかで解釈が大きく変わってくるでしょう。

しかし、初めて小数の学習をする小学校において「正しい小数点の書き方」を習得することが望ましいと思います。

ABOUT ME
Amatsu Yumeto
悩みを抱えているあなたへ。記事を読めばスカッと問題解決!教師経験・心理学・脳科学・ビジネス・ガジェットなどをミックスさせた独特の情報を発信するセルフメディアが「YUMETO Me(ユメトミー)」です。