仕事術

始動を早める仕事前のルーティンを紹介します!!

天津シンギ / Shingi Amatsu

何だか今日は仕事に行きたくなくて嫌だな。

朝から身体がダル重〜!!

誰しも、仕事に対する意欲が湧かない日や、体調が思わしくない日があるものです。

しかし、このような状況下でも仕事の効率を維持するためには、日常の始動を効果的に行う方法が求められます。

それは「仕事前のルーティン」です

この記事では「仕事前のルーティンの事例」について載せています。

結 論

朝目が覚めたときには、その日の最初のアクションやタスクを明確に決めることで、意識的に活動を開始することができ、一日の流れが自然に形成されやすくなる。

それでは、解説してきましょう。

仕事へのやる気を高めるルーティン

仕事の開始前のやる気の無さは、多くの人々が経験することでしょう。

しかし、この状況を乗り越えるための鍵として、私たちの脳内で分泌されるホルモンであるドーパミンの働きを知ることが役立ちます。

ドーパミンは、私たちが意欲的になったり、やる気を感じたりするときに関与するホルモンです。

このドーパミンを効果的に増やすことで、自然とやる気を感じることができるのです。

では、具体的にはどのようにしてドーパミンの分泌を促進させるのでしょうか?

瞑想はその一つの方法として非常に効果的です。

瞑想を行うことで、心を落ち着かせ、脳内のドーパミン分泌を増加させることができます。

また、音楽には私たちの心を動かす力があります。

特に好きな音楽を聴くことで、心地よい感情や思い出が呼び起こされ、これがドーパミンの分泌を刺激する可能性があります。

つまり、瞑想を行ったり、気に入った音楽を聴いたりすることで、私たちのやる気を引き出すドーパミンの分泌を助けることができるのです。

体調管理をするためのルーティン

私たちの日常において、体調を維持することは重要です。

特に体調が良くない日には、まずはその原因を探るよりも、自身の体調の回復を最優先に考えることが必要です。

体調管理は、突発的な方法に頼るだけでなく、日常の習慣や活動を通じて効果的に行うことが望ましいとされています。

定期的な運動は、体調管理の中心となる活動の一つです。

しかし、多くの人が運動というと大掛かりなスポーツやジムでのトレーニングを思い浮かべるかもしれません。

実は、日常の中で簡単に取り入れることができる運動も、体調管理には非常に有効です。

例えば、ラジオ体操やウォーキング、階段の上り下りは、特別な道具や場所を必要とせず、手軽に始めることができます。

これらの短時間の活動でも、体の動きを活発に保つことができ、脳への血流の向上というメリットも得られます。

血流が良くなることで、全身の細胞が酸素や栄養をしっかりと受け取ることができ、体調の良さを維持する上で非常に助けとなります。

また、私たちが日常で特に意識しづらい時間、それは朝の目覚めの時です。

この時間に行う軽いストレッチは、一日の活動の質を向上させる助けとなります。

朝のストレッチは、身体をゆっくりと動かすことで、筋肉や関節の硬さを緩和させ、日々の動きをスムーズにします。

要するに、体調管理は大掛かりな取り組みだけでなく、日常の小さな習慣や活動を通じても実現できます。

ラジオ体操やウォーキング、朝の軽いストレッチといったシンプルな活動を毎日の生活に取り入れることで、健康な体調を維持するサポートが期待できます。

気持ち良くスタートするためのルーティン

朝は一日の中でも特に新鮮な気分で迎える時間帯です。

この価値ある時間をどのように活用するかが、その後の日常を左右することがしばしばあります。

例えば、ガーデニングは、朝の時間を有意義に使うための絶好の活動と言えます。

新しい日の光を浴びながら花や植物の手入れをすることで、心身ともにリフレッシュすることができます。

植物と触れ合いながらの土いじりや水やりは、自然との繋がりを感じさせ、都会の喧騒から一時的に距離を置くことができるのです。

このようなアウトドア活動を通じて、心の中の雑念を払拭し、新しい一日を迎える準備をすることができます。

また、「朝日記」という活動も有効です。

新しい一日の始まりに日記を書くことで、自分の思考や感じたことを整理し、明確にすることができます。

夜に日記を書く時はその日の出来事や感情を振り返るものですが、「朝日記」はその日の期待、目標や心の準備を記録することが中心となります。

これにより、一日の目的や方向性をしっかりと意識することができ、気持ちの良い朝を迎えることができるでしょう。

さらに、家を出る前や通勤途中に、近くのカフェで少しのんびりとする時間を持つことも効果的です。

香り高いコーヒーや紅茶をゆっくりと味わいながら、自分の心を落ち着けることができます。

このようなリラックスタイムは、一日のスタートを切るための気分リセットの場となり、その後の活動にポジティブな影響をもたらします。

まとめ

今回は、仕事前のルーティンの事例を解説してきました。

ポイントは、「朝目が覚めたときには、その日の最初のアクションやタスクを明確に決めることで、意識的に活動を開始することができ、一日の流れが自然に形成されやすくなる。」ことです。

仕事前のルーティンは単なる日常の行動の羅列ではなく、それを通して自身に仕事を始めるための合図となります。

身体を動かすことで心の動きも活発になり、仕事への取り組みがスムーズになることを実感できるでしょう。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

YouTube

▽動画でもご視聴したい方は、YouTube版がおすすめです!!

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました