仕事術

多様な働き方によるメリットとデメリットとは何か!?

天津シンギ / Shingi Amatsu

働きやすい自由な時間帯や労働時間で仕事をしたいな〜!

多様な働き方をする実現すると、どんなメリットとデメリットがあるのか知りたい。

現代の社会では、一人ひとりが抱える様々な事情に合わせて柔軟に働ける環境が求められています。

これは、働き方が多様化し、さまざまな働き方が選べるようになったことによります。

特に、新型コロナウイルスの蔓延は、多くの職場にリモートワーク(テレワーク)を導入させるきっかけとなりました。

これはオフィスへの通勤を減らし、感染のリスクを避けるためです。

それによって地方に住みながら都市の職場で働いたり、地元で子育てや介護をしながら働き続けるという選択が可能になりました。

これは、私たちの生活にとって大きな進歩です。

この記事では、「多様な働き方によるメリットとデメリット」について載せています。

それでは、解説していきましょう。

そもそも多様な働き方とは何か?

多様な働き方としてリモートワーク(テレワーク)、フレックスタイム、時短勤務、副業の解禁などが挙げられます。

それぞれについて詳しく説明していきます。

リモートワーク(テレワーク)

働き方改革が盛んに叫ばれており、リモートワーク(テレワーク)が新しい働き方の一つとして推奨されています。

リモートワーク(テレワーク)とは、労働者が職場以外の場所、例えば自宅やカフェ、コワーキングスペースなどで仕事を行う働き方です。

インターネットを利用して職場のネットワークや必要なシステムにアクセスし、通常職場で行う作業を遠隔地から実施することができます。

これらの働き方には多くの労働者が関心を持っており、自分の生活と仕事のバランスを取るために積極的に取り組んでいます。

特に、子育てや介護などの理由で家を空けることが難しい人にとって、リモートワーク(テレワーク)はとても役立ちます。

家から離れずに仕事ができるため、職場にいる時と同じくらいの仕事をこなすことが可能です。

さらに、ITツールを駆使することで、資料をデジタル化し、探したり保管する手間とコストを削減できます。

これにより、労働者の仕事の効率が向上し、満足度も高まるため、職場はこのような働き方を積極的に推進したいと考えています。

リモートワーク(テレワーク)はただの便利な働き方ではなく、労働者それぞれの事情に合わせて柔軟に仕事ができる重要な手段です。

フレックスタイム

フレックスタイムという働き方があります。

これは、従業員が自分の始業時間や終業時間を自由に決められる制度のことです。

この制度のおかげで、それぞれのライフスタイルや家庭の事情に合わせて、より柔軟に仕事をすることが可能です。

この制度の一番の魅力は、その自由度の高さです。

労働者が自分の仕事のペースをコントロールできるため、今後も多様な働き手のニーズに応えることができるでしょう。

また、フレックスタイムの多くは「コアタイム」という、出勤が必要な時間帯が設けられています。

これにより、満員電車を避けたり、残業を減らしたりするなどの利点も生まれます。

フレックスタイムは、それぞれの働き方を支え、効率よく仕事をするための大きな助けになります。

時短勤務

時短勤務という働き方があります。

これは、通常は8時間労働のところを6時間労働にするように、1日の勤務時間を短くして仕事をする制度です。

特に、子育てや介護などで忙しい人たちにとって、時短勤務は非常に助かる制度です。

これにより、仕事と私生活のバランスをとりやすくなり、忙しい中でも仕事を続けやすくなります。

時短勤務は、従業員がそれぞれの生活状況に合わせて柔軟に仕事をすることを可能にし、多くの人にとって働きやすい環境を提供します。

副業の解禁

働き方改革により、副業が解禁され、多くの職場がこれを推奨するようになりました。

この変化によって、従業員は副業を通じて追加の収入を得る機会を持つことができるようになります。

さらに、本業では経験できないような仕事にも挑戦できるため、新しいスキルを身につけることが可能です。

これは、労働者にとってはキャリアの幅を広げる絶好の機会であり、職場にとっても多様な経験を持つ労働者を育成することができます。

副業を解禁することは、単に収入を増やす手段以上の価値を提供し、労働者が自分自身をさらに発展させるための道を開くものです。

多様な働き方によるメリット

働き方の多様化は、労働者にとってだけでなく、雇用側にとっても大きな変化とチャンスをもたらします。

ライフステージやライフスタイルに合わせて柔軟な働き方を選べるようになった今、雇用側がこれをどのように推進し、どのようなメリットがあるのかを詳しく探っていきましょう。

生産性の向上

多様な働き方のメリットの一つは、生産性の向上です。

リモートワーク(テレワーク)の導入は、従業員に通勤時間の削減と通勤ストレスの軽減をもたらし、仕事への集中力と効率を高めます。

さらに、副業を推進することで従業員は新しいスキルを身につけ、それを本業にも活かすことができます。

このような環境では、従業員が自ら学び成長する意欲も高まり、それが直接的に業務の質の向上に繋がります。

優秀な人材の確保

多様な働き方を提供する職場は、職探しをしている者にとって魅力的な選択肢となります。

特に自由度の高い働き方が可能な職場は、幅広い分野の才能を引きつけることができます。

これは職場のイノベーションと競争力の向上に直接的に寄与します。

副業が許可されている環境では、フルタイムで働けない状況の優秀な専門家も参加しやすく、多様な経験と知識が職場内に流入します。

職場のイメージの向上

働き方改革が注目される中、労働者の満足度を高め、多様な働き方を支持する職場は社会からの評価が高まります。

特に、消費者と直接関わるBtoC企業(企業→消費者:スーパーやコンビニ、アパレル、ホテルなど、日常的に使用するサービス全般の企業のこと)では、良い職場環境はブランドイメージの向上に直結し、消費者の購買意欲を刺激します。

企業文化が透明で開かれていると見られることで、顧客の信頼を得やすくなり、長期的には売上増加にも繋がる可能性があります。

多様な働き方によるデメリット

働き方改革において、多様な働き方を職場が導入することは、労働者に柔軟性を提供し、生産性を向上させる一方で、いくつかのデメリットも伴います。

これらのデメリットを理解し、適切に対処することが職場にとって非常に重要です。

新しい働き方の定着とその進化

新しい働き方を導入する際には、多大な時間と労力が必要になることが予想されます。

雇用側は労働者のニーズを把握し、仕事の生産性を向上させるための方法を考慮しながら、段階的に変化を進める必要があります。

新しい制度の導入は一朝一夕には行かず、試行錯誤が必要です。

効果的に進めるためには、小規模なピロットプロジェクト(テストとして企画された活動のこと)から始めることをお勧めします。

これにより、リスクを最小限に抑えつつ、実際の労働環境での新しい働き方の影響を評価することができます。

また、労働者からのフィードバックを積極的に取り入れ、必要に応じて調整を行うことが成功への鍵となります。

管理職の負担増加への対応

働き方の多様化を進める中で、管理職の負担が増加することは避けられない現実です。

労働者一人ひとりのニーズに合わせた柔軟な働き方を設計し、実施するためには、管理職が新たなタスクを引き受ける必要があります。

これには、労働環境の改善、仕事の効率化、新しいルールの策定などが含まれます。

この負担を軽減するためには、管理職向けのサポート体制を整えることが重要となります。

コミュニケーションの課題

リモートワーク(テレワーク)を行う際、コミュニケーションの課題が生じることはよく指摘されます。

これは、従業員が物理的に離れた場所で仕事をするため、直接顔を合わせての会話や非言語的なコミュニケーションが不足し、意思の疎通が難しくなるからです。

例えば、同じ職場にいれば、ちょっとした表情の変化や身振り手振りから相手の気持ちを察することができますが、リモートワークではそのような情報が得にくいため、誤解が生じやすくなります。

オンラインでのミーティングでは、技術的な問題が起こることもあり、音声の遅延や切断が発生すると、スムーズな会話が困難になることがあります。

また、フレックスタイムや時短勤務などで労働者間での労働時間に差ができてしまうと、コミュニケーションを確保する時間が減る、あるいは調整が難しくなる問題が出てきてしまいます。

これらの課題を解決するためには、定期的なコミュニケーションを心がけ、明確かつ効果的な方法で情報を共有するとともに、デジタルツールを活用して、チーム間のつながりを保つ工夫も求められます。

まとめ

今回は、「多様な働き方によるメリットとデメリット」を解説してきました。

多様な働き方として、リモートワーク(テレワーク)、フレックスタイム、時短勤務、副業の解禁などを職場に導入することにより、労働者一人ひとりに合わせた働き方を実現することができ、ワークライフバランスが取れるなどの様々なメリットがあります。

デメリットについては、負担があるものの慣れや工夫次第で変化していくことが可能であると言えるでしょう。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

YouTube

▽動画でもご視聴したい方は、YouTube版がおすすめです!!

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました