仕事術

お願い、定時に帰らせて!職場で定時退勤が許されやすい方法!!

天津シンギ / Shingi Amatsu

定時で帰りたいけど、周囲に許してもらえるのだろうか?

終業時刻までもう少し…どうやって職場を抜け出そうか!?

労働者にとって、定時退勤することは当然の権利です。

現代の職場環境では多様なワークスタイルが認められつつある一方で、なかなか根強い残業文化が残っているところも少なくありません。

この記事では、そんな厳しい環境の中における「職場で定時退勤が許されやすい方法」について載せています。

結 論

健康を理由にする定時退勤、早出を利用する定時退勤などのテクニックを駆使する。

それでは、解説していきましょう。

健康管理を理由にした定時退勤

多くの従業員が夜遅くまで残業している中で、定時退勤をするのはなかなか厳しいものです。

しかし、「ジムに通っている」「ランニングをしている」などの健康管理という理由を使うことで、定時退勤を実現することが可能になります。

なぜなら、健康管理を理由にすると、批判されにくいという風潮があるためです。

実際にはジ、ムには通ったりランニングをしたりしなくても、職場の人々がその話を信じてくれれば、問題なく早退ができるでしょう。

ただ、嘘をつくと心が痛みますが、そうでもしないと自分の健康管理ができないブラックな労働環境の方が大きな問題のような気がします。

早く出勤したことを利用した定時退勤

「早く来たから、早く帰る」というルールを活用することで、職場での効率とプライベートとのバランスを保つことができます。

例えば、毎朝7時に出社したとすると、始業時刻の9時よりも2時間早く職場に到着したことになります。

この早出により、たとえ終業時刻に帰っても、同僚や上司から文句を言われることが格段に減るでしょう。

早出する理由は、朝の時間を自分なりのリラックスタイムとして有効に活用するためです。

職場に早く着くことで、2時間の余裕を持って自分のペースで1日をスタートできるため、仕事の効率も上がります。

交通機関も比較的空いているため、電車通勤の方は座席に座って移動することができるかもしれません。

ただし、早出をしたからといってスタートダッシュをするのは注意しましょう。

終業時刻まで心身が持たなくなってしまいます。

最初はコーヒーを飲んだり、ToDoリストを作成したり、メールをチェックしたりするなどして徐々にスピードを加速させていくことで、だんだん体温もモチベーションも上昇していき、仕事のリズムに上手に乗ることができます。

精神的にもリフレッシュされ、仕事に集中できる状態を長く保つことができます。

その結果、仕事がはかどって定時で帰ることができるようになるのです。

まとめ

今回は、「職場で定時退勤が許されやすい方法」を解説してきました。

ポイントは、「健康を理由にする定時退勤、早出を利用する定時退勤などのテクニックを駆使する。」ことです。

職場の文化や空気は、場所によって大きく異なります。

効果的に定時退勤する方法は、その職場の文化に合わせてうまく調整する必要があります。

これらのテクニックを自分なりにアレンジし、職場での生活をより快適に過ごすことが重要です。

無理に遅くまで働く文化に迎合するのではなく、自分の健康や生活の質を守るための工夫を凝らすことで、仕事とプライベートのバランスを取ることができるのです。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

YouTube

▽動画でもご視聴したい方は、YouTube版がおすすめです!!

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました