仕事術

通勤電車の中で充実した時間を過ごせる方法

天津シンギ / Shingi Amatsu

毎日の通勤電車の中が憂うつでしかたがないよ。

通勤電車の中では暇なので、スマホをいじるか、寝ているか、どちかをしているわ。

普段の通勤電車はどのように過ごしていますか?

多くの人々が通勤や通学のために毎日数十分、時には数時間もの時間を電車の中で過ごすという状況は一般的でしょう。

何もせずにただ時間が過ぎていくのを待つだけ、なんてもったいないですよね。

この記事では「通勤時間を有意義に過ごすための3つのアイデア」を説明します。

結 論

通勤電車の時間は、ただの移動時間と捉えるだけでなく、自己啓発の時間と捉えることで、一日の生産性を大きく高めることができる。

それでは、解説してきましょう。

読書をする

電車内は静かなので、集中して読書に取り組むのに適した場所です。

本を開いて読むことで、新しい知識を得るだけでなく、物語に浸ることでリラクゼーション効果もあります。

しかし、通勤電車の中で本を読むと、目が疲れる、荷物になると、満員電車の中で立っている時に本を読むのは難しいという問題がある場合が考えられるでしょう。

そこでオススメなのが、オーディオブックの活用です。

オーディオブックとは、耳を使って「聞く読書」をすることで、目や手を自由に使うことができるようになります。

最近は多くの本がオーディオブック化され、スマートフォンを通じて気軽に読むことができます。

スマートフォンやタブレットで聴くことができ、文字を追う必要がないため、電車が混んでいても楽に利用できます。

仕事の予定を考える

電車での移動時間を利用して、その日の仕事の予定を立てるのも効果的です。

スマートフォンやタブレットを使用して仕事の予定を整理したり、今後のスケジュールを計画したりすることが可能です。

これにより、一日の始まりから先を見通すことができ、仕事の効率を高めることができます。

また、スケジュールを見直すことで、時間管理が改善され、仕事に対するストレスも軽減されるでしょう。

職場に着いたときにはすぐに本格的な作業に取り組むことができ、生産性を高めることができます。

仕事の改善点を見付ける

通勤電車は、自分自身の行動や仕事の進行について反省し、改善点を見つけることも有効です。

その日の仕事を振り返り、自分の行動や結果について考えることで、改善点や新たなアイデアを見つけることができます。

ここで重要なのは、否定的な自己批判ではなく、客観的かつ建設的な視点から自分を見つめ直すことです。

これにより、自己理解が深まり、スキルの向上や問題解決能力の強化につながります。

また、自己評価を行うことで、自身の強みや弱点を理解し、改善すべき点を明確にすることができます。

これは、成長を目指すすべての人にとって、重要なスキルであると言えるでしょう。

まとめ

今回は、通勤時間を有意義に過ごすためのアイデア3つを解説してきました。

ポイントは、「通勤電車の時間は、ただの移動時間と捉えるだけでなく、自己啓発の時間と捉えることで、一日の生産性を大きく高めることができます」です。

本を読んだり聞いたり、仕事の予定を考えたり、自分自身の行動を振り返ったりすることで、自己成長につながる時間となります。

ぜひ、自分に合った方法を見つけてみてください。

この記事が少しでも良いと感じていただけたら、下記のランキングサイトのバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ ワークスタイル・働き方へ
ワークライフバランスランキング

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは、次回の記事でお会いしましょう。

YouTube

▽動画でもご視聴したい方は、YouTube版がおすすめです!!

ABOUT
天津シンギ
天津シンギ
当ブログの管理人
【働き方改革リーダー】YUMETO Me(ユメトミ)とは、心の不安や悩み、身体の疲れを抱える皆様に向けて、今日よりも明日をラクに生活できる情報を発信するセルフメディアです。心の病で休職・復職をした体験と、教員として培った長年のノウハウをもとに「自分を大切にする、上手な生き方」を提案します。
記事URLをコピーしました